密かにインターネットを運営している6つの組織

開示: あなたのサポートはサイトの運営を維持するのに役立ちます!このページで推奨する一部のサービスについては、紹介料を稼ぎます.


密かにインターネットを運営している6つの組織

インターネットに関しては、陰謀論がたくさんあります.

いくつかの決定的な口論(GoogleによるSkyNetスタイルのロボット独裁政権の差し迫った作成など)と他の、たとえばイルミナティコントロールの永続的で遍在する脅威などは、非常に深刻に受け止められます(少なくともそれらを信じる人々によって) ).

Googleはインターネットを所有していますか?

もちろん、それは新しい世界秩序への脅威や、World Wide Web上の人々の心と想像力を捉えるロボットの黙示録の可能性だけではありません。不安定になる可能性のあるロボットテクノロジーのイノベーターおよび購入者としての評判を超えて、Googleはインターネット自体の事実上の所有者および主要な運営者として多くの人々によって評価されています.

そして正当な理由で-検索エンジンは 60%以上 インターネットに接続されたデバイスの数は毎日で、すべてのインターネットトラフィックの4分の1以上を占めています。競合他社と比較すると、Googleは巨大企業です。ジャガーノート.

しかし、真実は、グーグルほどの規模のエンティティでさえ、インターネット全体を運営するには十分ではないということです。.

インターネットを運営するビッグシックス

代わりに、インターネットの運用は6つの組織に分類され、協調して(場合によっては互いに対立して)機能します。.

国際電気通信連合やインターネットソサエティなどの一部の人々は、世界中のインターネットへのアクセスを確保(および改善)し、そのようなアクセスが公正でオープンであることを確認することに力を注いでいます。 Internet Architecture BoardやInternet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)などの他の組織は、インターネットの物理インフラストラクチャと仮想インフラストラクチャを扱い、一見無限の拡張をサポートしながら、リソースが効果的(かつ効率的)に整理されるようにします。インターネット自体の.

6つを締めくくるのは、インターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)であり、その設計とリソースを積極的に見直し、それに影響を与えることでインターネットの改善に取り組むボランティア組織であり、もちろんインターネットサービスプロバイダー(ISP)です。世界中の家庭、公共スペース、職場にインターネットを導入する企業.

未来はどうなるのか?

6つの大規模な相互に関連する組織の手でさえ、インターネットの複雑さと拡大し続ける存在は、保守、革新、およびロジスティクスを継続的な課題にしています。これらの6人のパワープレーヤーは今日仕事に取り組んでいますが、テクノロジーの進歩と法的および倫理的問題が増大するにつれて、今後数年のうちに誰がショーを実行するか(誰が公的および私的に)するかについては誰もが推測します。.

6-shadowy-companys編集

文字起こし:密かにインターネットを運営している組織

ほとんどの人はGoogleをワールドワイドウェブの中心と考えていますが、実際にはGoogleは単なるフロントマンです。弦を引っ張っている舞台裏の誰が?

実際にインターネットを運営している組織を見てみましょう.

国際電気通信連合(ITU)

  • 設立:
    • 1865
  • 目的:
    • 国際的な情報通信技術の問題に専念.
  • 彼らが実際に行うこと:
    • 国際的な規模で、インターネット全体で公正なプレイを確保する.
    • ITUは、宇宙だけでなく地球上の無線周波数にも責任があります。それらの注意深い計画なしでは、衛星は互いに衝突するかもしれません.
  • インターネットへの影響:
    • インターネットに不満を持っている国なら誰でも、公正なプレーを確保するために国際的に資金提供されているITUに報告することができます。インターネットの一種の「高等法院」です.
  • ITUは、次のような条約の成立を望んでいます。
    • すべての国にインターネットの平等な統治を許可する
    • アクセスを改善する
    • スパムメールを減らす
    • ただし、2012年12月にドバイで開催されたITU会議
      • 89カ国が条約に署名
      • 55辞退

インターネットアーキテクチャボード(IAB)

  • 設立:
    • 1992
  • 目的:
    • インターネットの技術開発とエンジニアリング開発、およびIETFなどのタスクフォース(以下を参照)を監督する.
  • 彼らが実際に行うこと:
    • インターネットがより大きく、より強く、より影響力を持つようになるにつれて、IABはインターネットのグローバルシステムが機能していることを確認します.
  • インターネットへの影響:
    • IABは選出された役人のパネルです。それらはARPAに最も近い子孫であり、特にTCP(伝送制御プロトコル)やIP(インターネットプロトコル)などの技術的な運用や開発に関連して、インターネット上の標準を維持しています。.
  • 1969:ARPAnetが4台のコンピューターをリンクしました。インターネットが生まれた.
    • 1971:ARPAがヨーロッパとハワイのシステムを含む111台のコンピューターをリンク.
      • 1990:インターネットが公になり商業化されるにつれ、ARPAは存在しなくなりました。 IABが誕生しました.

インターネット協会(ISOC)

  • 設立:
    • 1992.
  • 目的:
    • インターネットがすべての人のためであることを認め、そのビジョンを維持するために取り組む.
  • 彼らが実際に行うこと:
    • インターネットが最新の情報で学習の場であり続けることを保証します.
  • インターネットへの影響:
    • ISOCはインターネットの完全性を目指しています。たとえば、.orgドメインが「エンパワーメント、非商用利用」に制限されていることを確認します.
  • 2013年11月、ISOCは、今後の知的財産法が彼らのビジョンに影響を与える可能性があることを示唆する声明を発表し、「知的財産所有者に有利な不均衡な権利のバランス」を提供しました。

インターネット技術特別調査委員会(IETF)

  • 設立:
    • 1985
  • 目的:
    • 人々がインターネットを設計、影響、および管理する方法に影響を与える高品質の関連ドキュメントを提供する.
  • 彼らが実際に行うこと:
    • インターネットの開発者が学生の場合、IETFはチューターとして機能し、インターネットを改善したい人々に指導し、指導します.
  • インターネットへの影響:
    • IETFはボランティア組織であり、発展するコミュニティスペースとしてのインターネットのビジョンに忠実であり、「インターネットの機能を向上させる」ことに専念しています。.
  • IETFは、次のようなグループで作業します。
    • ルーティング
    • 輸送
    • 安全保障

Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)

  • 設立:
    • 1998年
  • 目的:
    • WebアドレスからIPアドレスまで、インターネット上の「場所」を維持するため。彼らは2つの接続が同じ名前を持たないことを保証します.
  • 彼らが実際に行うこと:
    • 文字通り、インターネット上の誰もが自分の場所を知っていることを確認してください.
  • インターネットへの影響:
    • 彼らがいなければ、インターネットの誰がどこにいるのかわからなくなります。.
  • 非営利組織としての地位にもかかわらず、2011年、ICANNは1億ドル近くの価値がありました.

インターネットサービスプロバイダー(ISP)

現在、インターネットは主に多数の大規模ISPによって提供されています。家庭や企業にインターネットを提供し、多くの場合、電子メールサービスやその他の機能も提供します.

米国では、ISPは定期的に価格ラケットを運用していると非難されており、インターネットの価格は他の多くの先進国よりもはるかに高くなっています。.

  • 300 Mbpsのダウンロード速度:
    • パリ:$ 26.73 /月
    • ワシントンDC:$ 209.99 /月

インターネットが地球の通信に革命を起こし続けるにつれ、技術的、倫理的、そして法的課題がさらに多くあります.

他の組織がインターネットのさまざまな既得権益を保護するためにポップアップするものを誰が知っているか?

出典

  • ICANNは年次報告書を発行し、1億ドルの資産を報告します– circleid.com
  • 歴史– iab.org
  • ICANNへようこそ– icann.org
  • ミッションステートメント– ietf.org
  • インターネットエンジニアリングタスクフォースに参加する– ietf.org
  • インターネットの所有者と運営者:ISOCの特別な役割– information.aero
  • ミッション– internetsociety.org
  • インターネットの歴史– internetsociety.org
  • インターネット使用統計– internetworldstats.com
  • 歴史– itu.int
  • ICANNが新しいトップレベルドメインを承認するため、.Whateverの準備– mashable.com
  • コネクティビティコスト2013 – newamerica.net
  • ITU WCIT条約に署名した人&Hellip; そして誰が&Rsquo;T – techdirt.com
  • 無限の情報提供者:NSA&Rsquo;グローバル監視データを追跡するためのS秘密ツール– theguardian.com
  • 誰がインターネットを管理していますか? – theguardian.com
  • オープンインターネットを保護するには、ITUの払い戻しが必要になる場合があります。ここに&Rsquo;Sそれを行う方法。 –washingtonpost.com
Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map