Googleドキュメントマスタークラス:インフォグラフィック

開示: あなたのサポートはサイトの運営を維持するのに役立ちます!このページで推奨する一部のサービスについては、紹介料を稼ぎます.


Googleドキュメントマスタークラス

ボストングローブは、メリーランド大学で現在英語を教えているマシューカーシェンバウム教授の支援を得て、約1年前にワープロの歴史についての記事を書きました。彼らの議論の焦点は、一般に何か冷たくて人間味のないものと見なされているコンピューターが、実際にコンテンツ作成プロセスをどのように改善できるかにある.

キルシェンバウム氏は、「ワープロが、ページ上で見た目が良かったからといって、若手作家をその仕事が終わったと思わせてしまう恐れがあった」と語った。

人々が1980年代にワープロプログラムを使い始めたとき、その恐れは正当化されたかもしれませんが、その魅力はやがて消え去り、これらのツールは私生活や職業生活の必要な一部になりました。 Microsoft Word、Microsoft Works、AppleWorks、WordPerfectなどのソフトウェアプログラムにより、タイプライターや手書きのアプローチよりも高速でクリーンで効率的な新しい方法が導入されました。.

ソフトウェアがクラウドに移行したとき、すべてが変化しました.

2000年代半ばに、Googleはワープロ市場での位置づけを支援する企業を買収しました。彼らはまずテクノロジーのストレージ面に取り組み、ユーザーがワープロドキュメントをクラウドに保存できるようにしました。その後、ユーザーがコンテンツを作成できるWebベースのツールを展開し始めました。しかし、GoogleがGoogleドキュメントを立ち上げることができたのは2010年のことです。 2012年に、彼らはコラボレーション機能を追加し、ワープロ、スプレッドシート、プレゼンテーションソフトウェアのプレミアオフィススイートであることがわかった。.

Microsoftは長い間ワードプロセッシングバトンを保持していたかもしれませんが、Googleが近年それを採用し、このテクノロジーをより大きくより良い方法で進化させたことは明らかです。次のインフォグラフィックは、Googleドキュメントマスターになるのに役立ちます。それは、あなたが興味深いものにたどり着けるように、あなたがすでにワープロの基本に慣れていることを前提としています。 1時間ほどで、この優れたオフィススイートをすべての作業に使用できるようになります。.

今朝Googleドキュメントの使用を開始して、ランチでマスターしましょう

今朝Googleドキュメントの使用を開始して、ランチでマスターしましょう

Googleドキュメントは、Webブラウザーを介して使用するフル機能のワードプロセッサです。クラウドでドキュメントを作成、編集、保存できるまったく新しい作業方法です。これにより、どのコンピューターからでもどこからでもドキュメントにアクセスして作業できます。それに沿って、Googleドキュメントのマスターになるために必要なすべてを学びます.

Googleドキュメントを取得しています

  • Googleオフィススイートには3つの主要なアプリケーションがあります
    • Googleドキュメント(ワープロ)
    • Googleスプレッドシート(​​スプレッドシート)
    • Googleスライド(プレゼンテーション)
  • これらはすべてGoogleドライブの一部です
    • ほとんどの人はGoogleドライブを無料で利用できます
      • 非常に大量のデータを扱う場合は、追加のディスク容量を購入する必要があるかもしれません
    • Googleドライブアカウントを取得すると、Webブラウザーで機能するため、自動的にオフィススイートが作成されます。
  • サインアップ
    • http://drive.google.comにアクセスします
    • 指示に従ってください(数回クリックするだけ)。これで完了です!
      • デフォルトでGmailアカウントを使用するように設定されています
      • アカウントをお持ちでない場合は、別のメールアドレスを使用できます
        • 「現在のメールアドレスを使用したい」をクリックするだけです

基礎

Googleドキュメントは、過去にワードプロセッサを使用したことがある人なら誰でもよく知っているはずです。メニューとボタンバーを使用してテキストをフォーマットできます。少し混乱するかもしれない唯一のことは、保存機能がないことです。アプリケーションがそれを自動的に行います。以下は、それほど明確ではありませんが、Googleドキュメントの重要な側面です.

ファイルとフォルダをアップロードする

  • ファイルまたはフォルダ全体をドライブにアップロードします
    • ファイルに移動 > メニューバーで開く
    • [アップロード]タブをクリックします
    • ファイルをボックスにドラッグします
  • ドキュメントは次のファイルタイプをサポートしています。
    • マイクロソフトオフィス
    • OpenOffice
    • リッチテキストファイル
    • PDF
    • HTML

リンク

  • ドキュメントにブックマークを作成する
    • 特定のセクションを見つけるためにドキュメントをスクロールする代わりに、Googleドキュメントではドキュメント内にブックマークを作成できます
      • ブックマークする
        • ドキュメント内の場所をクリックしてブックマークを作成し、[挿入]メニューに移動して[ブックマーク]を選択します
      • ブックマークへのリンク
        • テキストのセクションを強調表示してブックマークへのリンクを作成し、[挿入]メニューに移動して[リンク]を選択し、リストから適切なブックマークを選択して[OK]をクリックします
      • リンクの挿入ボックス内からリンクを開く
        • ドキュメントにリンクを挿入すると、リンクの挿入ボックスから新しいタブでリンクを検索して開くことができます
          • そのためには、まずリンクを挿入し、リンクボックスにテキストを入力します
          • 潜在的なページのドロップダウンリストがポップアップします
          • リンクを新しいタブで開くには、その中に白い矢印のある黒いボックスのアイコンをクリックします
            • これにより、正しいページにリンクしていることを確認できます

自動保存

  • Googleドキュメントは数マイクロ秒ごとに変更を記録します
  • ファイルを選択 > 「改訂履歴を見る」:
    • ドキュメントに加えられたすべての変更を確認する
    • ドキュメントを任意のリビジョンポイントに復元します

画像

  • >画像をURLとして挿入する
    • 画像をコンピューターに保存してドキュメントにアップロードするのではなく、画像をURLとして直接挿入できます。
      • これを行うには、目的の画像のURLを見つけてコピーします
      • 次に、挿入に進みます > 画像と「URL」タブを選択
      • 目的の画像のURLをボックスに貼り付けます
      • 青い[選択]ボタンをクリックして、画像をドキュメントに貼り付けます
    • >画像を編集する
      • Googleドキュメントで画像を編集するには、目的の画像をクリックして[画像オプション…]ボタンを選択するだけです
        • これにより、画像を変更できるサイドバーが開きます。
          • 透明性
          • 輝度
          • コントラスト

個人辞書管理

  • Googleがスペルミスと思われる単語(人の名前など)を個人辞書に簡単に追加できます
  • しかし、間違いを発見し、スペルミスの単語を誤って辞書に入力した場合は、その単語を削除できます。
    • 個人辞書の単語リストを管理するには、ツールに移動します > 「個人辞書…」
    • そこから、新しい単語を追加したり、リストから単語を削除したりできます

全画面編集

  • 煩わしさのない書き込みを行うには、ツールバーを非表示にして、書き込みスペースのみが表示されるようにします
    • [表示]メニューをクリックし、[全画面]を選択します
    • ブラウザーの全画面モードを使用して、ブラウザーのツールバーも削除する

ウェブクリップボード

  • 通常のオペレーティングシステムのクリップボードと同様のウェブクリップボードにアクセスできますが、次のようないくつかの重要な利点があります。
    • 一度に1つだけでなく、複数のアイテムをWebクリップボードに保存できます
    • ウェブクリップボードに保存されたアイテムは、Googleアカウントにアクセスできる限り、他のどのコンピュータからでもアクセスできます。
  • ウェブクリップボードにコピーするには、目的のテキストまたは画像を強調表示して[編集]に移動します > 「ウェブクリップボード」 > 「選択範囲をWebクリップボードにコピー」
    • 選択したアイテムをクリップボードに入れます
  • それらのアイテムにアクセスするには、編集に移動します > ウェブクリップボード > 次に、貼り付けるアイテムを選択します
  • ウェブクリップボードに配置されたアイテムは、30日間使用されないと消えます
    • [編集]に移動して、ウェブクリップボードを手動でクリアすることもできます > 「ウェブクリップボード」 > 「すべてのアイテムをクリア」

Googleドキュメントをオフラインで使用する

  • この機能は、Google Chromeブラウザを使用している場合にのみ使用できます
    • Googleドライブの設定に移動し、「Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドを同期する」の横のチェックボックスをオンにします, & このコンピュータにファイルを描画して、オフラインで編集できるようにします」
    • ドライブのオフラインバージョンは以下に制限されています。
      • 4,000アイテム、つまり5 GBのデータ

協力する

他のユーザーにドキュメントの使用を許可する

  • 特定の人ができるようにドキュメントを変更できます
    • 見る
    • コメント
    • 編集する
  • ファイルに移動 > 共有…
    • これにより、すべてのユーザーの権限を変更し、個別に権限を設定できるダイアログが開きます

ドキュメント内のチャット

  • 複数のユーザーが同じドキュメントで作業している間、組み込みのチャット機能を使用して互いにチャットできます
    • 画面の右上隅にあるチャットボックスのシンボルをクリックします
      • 1人だけがドキュメントを編集している場合、ボックスは表示されません

ウェブパブリッシング

  • ドキュメントを簡単にウェブに公開できます
    • これを行うには、ドキュメントを開き、[ファイル]に移動します > ウェブに公開
    • そのメニューでは、次のことができます。
      • ドキュメントを公開する
        • 公開されたドキュメントへのリンクを取得する
        • ドキュメントに埋め込みコードを取得する
      • また、公開されたドキュメントが次のことを行うかどうかを決定できます。
        • 公開時の状態のまま
        • 元のドキュメントが変更されたときに更新する
          • この選択を行うには、「発行済みコンテンツ」のチェックボックスをオンまたはオフにします & 「設定」セクションは「変更が加えられたときに自動的に再公開する」とマークされています
        • ドキュメントにアクセスできないようにする場合は、[公開済みコンテンツ]の下にある[公開を停止]ボタンをクリックして、ドキュメントの公開を取り消すことができます & 設定」セクション

ドキュメントスタイル

スタイル

  • フォントフェイスとサイズをスタイルとして保存
    • ドキュメントのフォントを手動でサイズ変更/変更する必要がない場合は、選択内容をスタイルとして保存できます
      • そのためには、テキストをフォーマットして選択します
      • 次に、スタイルボックス(「通常のテキスト」、「見出し1」、「見出し2」などを含むもの)を選択します。
      • 各スタイルの右側には黒い矢印があります
      • 変更するスタイルを選択し、矢印をクリックして、「一致するように「空白」を更新する」というボックスを選択します(「空白」は選択したスタイルです)
    • これで、スタイルボックスからテキストを選択して、テキストを特定のスタイルに簡単に変更できます
  • 目次を自動的に作成する
    • 文書のすべてのヘッダーとそれらへのリンクを自動的に含む目次を挿入できます
      • 各セクションの見出しを強調表示し、「通常のテキスト」からドロップダウンメニューで何かに変更します(見出し1、見出し2など)。
      • 次に、目的の場所にカーソルを置き、[挿入]を選択します > TOCを生成するための「目次」

無料テンプレート

  • 以下を含むhttps://drive.google.com/templatesにアクセスして、Googleドキュメントの何百ものテンプレートを活用してください。
    • 再開する
    • パーティーの招待状
    • レシピ
    • ニュースレター
    • 請求書
    • 授業計画
    • プレスリリース

高度な機能

リサーチツール

  • リサーチツールを使用すると、簡単にリサーチを行い、出典を引用できます
    • このツールでは、シカゴ、APA、MLAなどの引用形式を選択することもできます
  • これを使用するには、画面右下の[探索]ボタンをクリックします
    • これにより研究サイドバーが開きます
  • サイドバーで研究トピックを検索できます—結果をフィルタリングして、ウェブページ、画像、またはGoogleドライブのドキュメントを探します
    • 結果にカーソルを合わせると表示される引用符をクリックして、ドキュメントに直接引用を挿入することを選択できます
    • 結果リストの上にある縦に並んだ3つの点をクリックすると、引用のスタイルを変更できます

ドラフトバック

  • DraftbackはGoogleドキュメントのアドオンであり、次のようなドキュメントの変更のタイムラインを示すグラフを自動的に作成します。
    • 文書がどれだけ早く成長したか
    • 変化が起こったとき
    • ページのどこでこれらの変更が行われたか
  • Googleドキュメントのコーディング方法により、ドラフトバックを使用すると、ハイライトされたテキストの改訂履歴を追跡できます(たとえ条項/文/段落が元々単一のユニットでなかったとしても)
  • ドラフトバックは、人々が自分の執筆が時間とともにどのように変化するかをよりよく理解できるように作成されました

キーボードショートカット

(Macの場合、「Ctrl」ではなく「Command」ボタンを使用します)

一般的なアクション

  • 検索して置き換える
    • Ctrl + H
  • 改ページを挿入
    • Ctrl + Enter
  • 一般的なキーボードショートカットを表示する
    • Ctrl + /
  • 単語数
    • Ctrl + Shift + C
  • リンクを挿入
    • Ctrl + K
  • リンクを開く
    • Alt + Enter

テキストのフォーマット

  • テキストに取り消し線を引く
    • Alt + Shift + 5
  • 上付き文字
    • Ctrl + .
  • 添字
    • Ctrl + ,

段落の書式

  • 箇条書きを作成する
    • Ctrl + Shift + 8
  • 番号付きリストを作成する
    • Ctrl + Shift + 7
  • インデントを減らす
    • Ctrl + [
  • インデントを増やします
    • Ctrl +]

コメントと脚注

  • コメントを挿入する
    • Ctrl + Alt + M
  • 脚注を挿入する
    • Ctrl + Alt + F
  • ディスカッションスレッドを開く
    • Ctrl + Alt + Shift + A

画像と図面

  • 1ピクセル移動
    • Shift +矢印キー
  • 大きくサイズ変更
    • Ctrl + Alt + K
  • 小さくリサイズ
    • Ctrl + Alt + J
  • 時計回りに15°回転
    • Alt +右矢印
  • 時計回りに1°回転
    • Alt + Shift +右矢印
  • 反時計回りに15°回転
    • Alt +左​​矢印
  • 反時計回りに1°回転
    • Alt + Shift +左矢印

メニュー

  • ファイル
    • Google Chromeの場合:Alt + F
    • 他のすべてのブラウザー:(Shiftを追加)
  • 編集する
    • Alt + E
  • 見る
    • Alt + V
  • インサート
    • Alt + I
  • フォーマット
    • Alt + O
  • ツール
    • Alt + T
  • テーブルテーブル
    • Alt + B
  • 助けて
    • Alt + H

キーボードによるテキスト選択

  • 選択範囲を1文字拡張する
    • Shift +左/右矢印
  • 選択範囲を1語拡張する
    • Ctrl + Shift +左/右矢印
  • 選択範囲を1行拡張する
    • Shift +上/下矢印
  • 選択範囲を行の先頭まで拡張する
    • Shift +ホーム
  • 選択範囲を行末まで拡張する
    • Shift + End
  • 選択範囲をドキュメントの先頭まで拡張する
    • Ctrl + Shift +ホーム
  • 選択範囲をドキュメントの最後まで拡張する
    • Ctrl + Shift +終了

マウスによるテキスト選択

  • 単語を選択
    • ダブルクリック
  • 一度に1単語ずつ選択範囲を広げる
    • ダブルクリックしてドラッグ
  • 段落を選択
    • トリプルクリック
  • 一度に1段落ずつ選択範囲を広げる
    • トリプルクリック+ドラッグ

ナビゲーション

  • 変更履歴を開く
    • Ctrl + Alt + Shift + H
  • 辞書を開く
    • Ctrl + Shift + Y
  • 次のタイプミスに移動
    • Ctrl + ‘
  • 前のタイプミスに移動
    • Ctrl +;

ファイルやアプリケーションが保存されていた特定のコンピューターに縛られる必要があった時代は終わりました。クラウドベースのアプリケーションとストレージを使用すると、自分が使用しているコンピューターからより効率的かつ協調的に作業できます。そして、Google Docsはそれをとても簡単にします.

出典: Chrome.google.com、Docs.google.com、Drive.google.com、Support.google.com、Cbsnews.com、CrystalRichard.com、Draftback.com、GoogleSystem.blogspot.com、Howtogeek.com、Jsomers.com、 Lifehacker.com、Softonic.com、Teamtreehouse.com、Mashable.com、Zapier.com.

出典

  • 学生と教育者向けのGoogleドキュメントの100のヒント
  • Googleドキュメントテンプレートで時間を節約
  • あなたが知らなかったかもしれない8つのGoogleドキュメントのヒント
  • Googleドキュメントでワープロを置き換えることができます
  • Googleドキュメントで行ったすべての変更を再生する方法
  • Googleドキュメントの10のヒントとコツ
  • パワーユーザーになるための40以上のGoogleドキュメントのヒント
  • ドラフトバックアプリ
  • Draftbackでライティングプロセスを発見する
  • ドキュメントのキーストロークを再生するためにGoogleドキュメントをリバースエンジニアリングする方法
  • Googleドライブの匿名の動物 
  • Googleドキュメントのサポート:Googleスプレッドシートのキーボードショートカット
  • Googleドキュメントのサポート:オフラインでGoogleドキュメント、スプレッドシート、スライドを操作する
  • Googleドキュメントサポート:ファイル内の他のユーザーとのチャット
  • Googleドキュメントのサポート:リンク、ブックマーク、改ページの追加、編集、削除
  • Googleドキュメントのサポート:公開ファイルの表示と変更
  • Googleドキュメントテンプレートギャラリー
Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map