ネット中立性のための戦い

開示: あなたのサポートはサイトの運営を維持するのに役立ちます!このページで推奨する一部のサービスについては、紹介料を稼ぎます.


ISPとネット中立性のための戦い

D.C.巡回控訴裁判所は、ネットワークの中立性を求める最新の控訴を取り下げました。ブロードバンドプロバイダーにとっては大きな勝利であり、ISPがメディアと通信をより強力に制御できる未来への不吉な垣間.

ISPが勝利しています。 Vergeは、状況が良くなる前に状況が悪化すると予測しています.

しかし、希望があります。コロンビアの法学教授ティム・ウーは、ニューヨークでの彼の立候補を最近発表しました。 「ネットの中立性」という言葉を作り出したウー氏は選挙のロングショットと見なされていますが、プラットフォームはオープンなインターネットを主張しており、議論にもっと注目を集めます.

私たちはどうやってここへ来ましたか?次の図は、ブロードバンドプロバイダーとインターネットの戦いを示しています。

isp-net-neutrality

「あなたが食べるものと同じように、どのようにそして何を考えるかは、あなたがどの情報にさらされているかに依存します。」
― Tim Wu、The Master Switch:Rise and Fall of Information Empires

ISPとネット中立性のための戦い

ブラウジング、ストリーミング、ダウンロード、メール送信–これらはすべて差別なくオンラインで実行できるアクティビティです.

ただし、インターネットサービスプロバイダー(ISP)は、「階層化された」インターネットを作成したいと考えています。このタイプのインターネットでは、トラフィックの種類ごとに異なる料金を請求できます。多くの人々は、企業がアクセスしているものをチェックインするという考えに反対しているため、ネットの中立性をめぐる戦いになります.

  • 1934 –中立の勝利:米国通信法は州通信および外国通信を規制するために連邦通信委員会(FCC)に権限を付与し、すべての人々が引き続きアクセスできるようにします.
  • 1980 – Wins for ISPs:US Federal Communications Commission(FCC)Computer II Policyでは、「基本」(電話回線、航空会社、道路など)と「拡張」通信サービス(基本的なサービスとコンピューターを組み合わせたもの)の個別のルールを作成)。強化されたサービスは連邦規制から除外されました.
  • 1989:Tim Berners-LeeがWorld Wide Webの概念を提案.
  • 1992:Webで配信された最初のオーディオとビデオ.
  • 1996 – ISPの勝利:米国議会が電気通信法を可決しました。 「基本」および「拡張」サービスは、「通信事業者」および「情報サービスプロバイダー」として再定義されました。 ISPは、中立性などの一般的な通信事業者の規則から免除されたままです.
  • 2002 – ISPの勝利:情報サービスとして定義されたケーブルブロードバンドにより、連邦規制から解放されました.
  • 2003年:法学教授のタイムウーコインが「ネット中立性」と語る.
  • 2005年–中立性に勝利:FCCのマイケルパウエル会長がインターネット利用の「4つの自由」を発表.
    1. 法的コンテンツにアクセスする
    2. アプリケーションを使用する
    3. 個人のデバイスを接続する
    4. サービスプラン情報を入手する
  • 2005 – ISPの勝利:DSLとワイヤレスが「情報サービス」として再分類され、消費者の重要な接続保護が削除されました.
  • 2007 – ISPの勝利:米国のISP、ComcastがBitTorrentの速度を大幅に低下させたとして非難されました。 「通信プロバイダー」ではなく、オープンインターネットルールの対象ではなかったため、2010年にFCCに対して訴訟を勝ち取りました。.
  • 2009年–中立性に勝利:EUは、ISPとの契約に署名する人には帯域幅または接続速度の制限について通知する必要があると規定する法律を採用.
  • 2009 –中立性に勝利:オバマのアメリカの回復と再投資法は、オープン性を規定したブロードバンドインフラストラクチャへの72億ドルの投資を要求しています.
  • 2010:P2P共有およびビデオストリーミングをブロックしたとして非難された英国の事業者.
  • 2010:英国のISP、BTがBBC iPlayerとYouTubeのピーク時の使用を制限.
  • 2010:米国のISPベライゾンとグーグルは、ネット中立性グループによって非難されている取引を削減しようとしています.
  • 2012年–中立性に勝利:redditやWikipediaなどのWebサイトは、SOPAでの抗議活動でサイトをブラックアウトし、議会で議論されているIP法案を保護することで、注目を集めています。.
  • 2012 –中立性に勝利:EU議会、電気通信会社は「交通渋滞」を起こしており、中立性に関する法律を要求している.
  • 2013 –中立性に勝つ:公益団体、ATからの激しい圧力の後&TがFaceTimeアプリのブロックを停止.
  • 2013:英国のISPであるオレンジは、Googleが検索トラフィックに対して支払いを行うことを明らかに.
  • 2013 –中立性の勝利:Netflixは米国のピーク時の帯域幅消費の30%を占めています。そのストリーミングサービスは、ISPとの契約交渉を目的としているため、現在「抑制」されています。.
  • 2014 –中立性に勝利:EUは正味中立性を固める規制を承認.
  • 2014年– ISPの勝利:規制は、主要な電気通信業界団体によって直ちに攻撃され、法的混乱を引き起こし、競争をゆがめ、イノベーションを妨げると主張しています。.
  • 2014年– ISPの勝利:ベライゾンとの戦いの最中に裁判所がFCCオープンインターネットの規則を覆し、批評家はインターネットプロバイダーのビジネスの自由を阻害していると批判しました。事実上、ISPはFacebook、Amazon、GoogleなどのWebサイトに顧客へのリーチを請求することができます.
  • 2014年–中立性の勝利:100万人以上のアメリカ人がFCCにブロードバンドサービスを電気通信サービスに再分類し、一般的なキャリア規制の対象とすることを要求する請願に署名.

現時点では、どちらの側も後退に近いように見えます。この状況が十分に解決されるまで、自由でオープンなインターネットの未来は危機に瀕しています。」 …通信環境では、オープンで堅牢なインターネットを維持および維持することほど重要な目標はほとんどありません。」 —元FCCのJulius Genachowski議長「パイプを無料で使用することを期待している人はだれでもです! — Edward Whitacre、AT&T

出典

  • theverge.com
  • computerhistory.org
  • fcc.gov
  • livescience.com
  • whatisnetneutrality.org
  • kotaku.com
  • techlaw.org
  • thinkbroadband.com
  • Washingpost.com
  • Extremetech.com
  • arstechnica.com
  • Wired.com
  • Nationaljournal.com
  • techcrunch.com
  • wsj.com
  • gpo.gov
  • transition.fcc.gov
  • techlawjournal.com
Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map