ImageMagick:コマンドラインからグラフィックスを操作しますか?

開示: あなたのサポートはサイトの運営を維持するのに役立ちます!このページで推奨する一部のサービスについては、紹介料を稼ぎます.


ImageMagickは、グラフィックファイルを操作するためのコマンドラインツールの無料でオープンソースのソフトウェアコレクションです。また、多くのプログラミング言語のグラフィックス処理ライブラリとしても機能します.

ImageMagickの簡単な歴史

ImageMagicでの開発は、1987年にJohn CristyがDuPontでの作業中に開始しました。すべては、デュポンのデビッドペンサックから、コンピュータで生成された画像を、256色しか表示できない8ビットコンピュータモニタに24ビットカラーで表示するようにという要求から始まりました。.

1987年に戻ると、非常に高価で非常にまれな24ビットカラーを表示できるコンピューターモニター。 John Cristyは、24ビット画像を8ビット画像に、または1670万から256色に削減するアルゴリズムを正常に実装しました.

クリスティは、デュポンでの彼の年の間に多くの同様のコンピュータグラフィックス指向のタスクに取り組み続けました.

John Cristyは1990年までに、画像処理ツールを自由にリリースすることを決定しました。当時、無料で利用できる画像処理ツールはわずかしかありませんでした。しかし、無料リリースの前に、John CristyはリリースについてDuPont経営陣から承認を得なければなりませんでした。.

幸いなことに、デュポンの経営陣は同意し、ソフトウェアの著作権をImageMagick Studio LLCに譲渡しました.

ImageMagickは最初に一般にリリースされ、1990年8月にUsenetに投稿されました.

ImageMagickの用途は何ですか?

私たちのほとんどは、gimpやPhotoshopなどの最新のツールでグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)を使用して画像を編集することに慣れています。コマンドラインツールで画像を操作することは、今日では非常に奇妙に思えますが、そうではありません?

実際、一部のタスクでは、GUIツールが最良の選択ではありません。これらは主にバッチ操作です。たとえば、何百もの画像を1つのファイル形式から別のファイル形式に変換する必要がある場合は、コマンドラインツールを使用する方が簡単です。.

ImageMagickは、Webスクリプトからの画像を動的に処理することもできます。これらおよび他の多くの同様のタスクは、ImageMagickコマンドラインツールを使用して簡単に自動化できます。.

また、ImageMagickには多くの統合バインディングがあり、さまざまなプログラミング言語内から使用できます。多くのプログラムやCMSソリューションでは、ImageMagickを画像処理に使用することもできます。たとえば、画像サムネイルの作成などに使用できます。.

ImageMagickの機能

ImageMagickはもともと画像から画像へのコンバーターとして設計されており、ほぼすべての画像形式を他の画像形式に正確に変換できます。.

変換に加えて、ImageMagickは画像処理アルゴリズムのライブラリでもあり、コマンドラインから直接使用したり、C、C ++、Perl、Ruby、PHPなどの多数のプログラミング言語を介してアクセスしたりできます。.

ImageMagickを使用すると、ユーザーはスクリプトでバッチ画像処理操作を組み合わせることができるため、同じ操作セットを多くの画像に適用したり、Webアプリ、ビデオ処理ツール、その他のグラフィックツールなどの他のアプリケーションのサブシステムツールとして使用したりできます.

ImageMagickでサポートされている画像変換のリストは印象的で、色の量子化、ポスタリゼーション、ディザリング、ハーフトーンディザリング、液体の再スケーリング、透明度、GIFアニメーション、ぼかし、シャープ化、合成などの機能があります。.

ImageMagickはOpenCLを使用して、画像処理にグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)を利用することもできます。これにより、OpenCL対応システムのパフォーマンスが向上する傾向があります。.

Q8バージョンは、ピクセルコンポーネントごとに最大8ビットをサポートします(画像にアルファチャネルがあるかどうかに応じて、24または32ビットカラー)。Q16バージョンは、ピクセルコンポーネントごとに最大16ビットをサポートします(48-または64ビットカラー).

ImageMagickはスレッドセーフであり、ほとんどのアルゴリズムはマルチコアCPUで並列に実行されます.

ImageMagickはLinux、Windows、Mac OS X、iOSおよびAndroidオペレーティングシステムで動作します.

ImageMagickを試す

ImageMagickは無料でオープンソースであり、Apache 2.0ライセンスの下で配布されています。これは、オープンソースアプリケーションと専用アプリケーションの両方でソースコードを使用、コピー、変更、および配布できることを意味します。.

ImageMagickのソースコードを入手するか、オペレーティングシステムのすぐに実行できるリリースをダウンロードできます。.

サポートされているすべてのプラットフォームの詳細なインストール手順は、ImageMagickの公式Webサイトで入手できます。 ImageMagickの最新の安定リリースはバージョン6.9.3.7で、ImageMagickバージョン7もベータ段階で利用可能です.

自分で本当に簡単にしたい場合は、ImageMagickを提供するホストを入手できます。 ImageMagickホスティング比較ページをチェックして、適切なホスティング会社を見つけてください.

ImageMagickの使用

コマンドラインインターフェイスを使用して画像を変換することは日常的な作業ではないため、特にGUIグラフィックツールにのみ慣れている場合は、ImageMagickを効率的に使用する方法を学ぶのが難しい場合があります。.

ImageMagickチュートリアルとリソース

ImageMagickの強力なコマンドラインツールを初めて使用する場合、公式のリソースとチュートリアルが非常に役立ちます。 ImageMagicコマンドライン構文の学習に役立つチュートリアルと学習リソースをいくつか選択しました。

  • コマンドラインオプションマニュアルは、ImageMagickのコマンドラインインターフェースの完全な説明とリファレンスです。.
  • ImageMagickの使用例は、コマンドラインからImageMagickを使用した一連の例を示しています。ただし、ImageMagickアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)を使用して実行できることも示しています。.
  • ImageMagickユーザーガイドは、初期のImageMagickユーザーガイドのPDFバージョンです。少し時代遅れですが、まだ重宝します.
  • ImageMagick APIのリストには、ImageMagickで使用できるさまざまなAPIのすべてとリソースへのリンクが表示されます.

ImageMagick Books

ImageMagickに関する書籍は数冊しかなく、それらは有用なリソースになる場合があります。それでも、本を購入する前に、無料のオンラインリソースとチュートリアルを試すことをお勧めします.

  • Michael StillによるImageMagickの決定的なガイドでは、ImageMagickの機能をさまざまなアプリケーションに組み込む方法を説明しています。この本は、画像操作の自動化ソリューションを探している初心者から中級のプログラマーやWebデザイナーを対象としています。.
  • ImageMagickの秘訣:Sohail Salehiによるこの高速でフレンドリーなチュートリアルとヒントガイドでImageMagickの力を解き放ちます。写真の操作、ロゴの作成、アニメーション、完全なWebプロジェクトの例が満載です。各章はワークショップで構成され、各ワークショップはImageMagickコマンドのセットを適用して、驚くべきエキサイティングな結果を生み出します.

結論

本質的に、ImageMagickは長年の8ビットグラフィックスの先祖ですが、それが古くなっている、または使用が制限されているという意味ではありません。実際、ImageMagickは特定のニッチで依然として広く使用されています.

当然、これは適切な写真編集スイートに代わるものではありませんが、それは全体の要点です。ImageMagickは、他のものを処理するように設計されており、大量の照合操作に優れています.

これは比較的古いソリューションですが、ImageMagickはまだ開発中で、APIを介して意味のある統合を可能にします。複雑なグラフィックツールをいじる必要なく、一度に大量の画像を変換する必要がある場合は、試してみる価値があります。.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map